事業者ローンの気になる返済方式と返済期間について

事業者ローンの返済方法としては、基本的には「元利均等返済」や「元金一括返済」が多く採用されています。また、一般的な消費者金融でおなじみの「残高スライド式リボルビング返済」を採用している事業者ローンもある為、事前に確認する必要があります。

 

契約後、返済方法によって返済の流れは変わってきます。毎月返済するのか期日に一括で返済するのかと言った違いもありますし、分割返済を行う場合でも「金利だけ」・「金利+元金」という違いがありますし、金利の計算にしても定額か変動するのかと言った違いがあります。

 

それぞれの契約内容に合わせて、必要な金額を返済していくのが通常の流れです。

 

事業者ローンとは言っても、基本的な仕組みは一般的な消費者金融カードローンと同じです。融資上限金額や返済期間・返済方法などの部分で若干の違いはありますが、むしろ「返済のしやすさ」で言えばこちらの方が上だと言えるでしょう。

 

残高スライドリボルビング方式による返済の場合、毎月の返済は少なく済ませることが出来るかもしれませんが完済までの期間が長くなりやすいという特徴があります。静岡銀行ビジネスクイックローンの場合、1ヶ月毎元利均等返済という少々変わった方法を採用していますが、要は「毎月一定額の金利と元金を返済する方法だという認識でいれば問題ないでしょう。

 

企業経営において資金調達は比較的大きな問題でもあります。経営が軌道に乗るまでは運転資金として借入れが必要になりますし、軌道に乗ったら乗ったで事業拡大のために借入れが必要になってきます。結局のところ、会社を経営していく以上は切っても切り離すことが出来ない問題でもある為、利用時にはしっかりとした計画を立てることが重要です。

 

例えば、確実に資金が準備できる保証があるのであれば元金一括払いを選択する、返済総額を低く抑えるためには元金均等払いを選択すると言った感じです。適切な返済方法を選び、尚且つ二重三重に保険を掛けた事業計画を基にして「確実性の高い返済計画」を立てることが必要です。