限度額の範囲内で何度でも借り入れができるも

無担保の事業者ローンの最も大きな特徴は、キャッシュを手にするまでの時間が短いことでしょう。融資を受けるときには書類を作成するのにも時間がかかり、審査にも時間がかかることが多いですが、事業者ローンはスピーディに対応が行われることが多いです。即日融資で借りられるところがあることもあり、急いでいる人にとって非常に魅力的なものだと言えるでしょう。ほかにも、一般的な融資と違って限度額が定められますから、限度額の範囲内で何度でも借り入れができるものもあります。急に資金が必要になったときにでも対応できるというメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

 

年収には関係なく借りることができる

無担保ローンで融資してもらえる金額は金融機関によって異なりますし、借りる人によっても異なります。ただ、一般消費者が借りる場合とは違って、総量規制がかからないというメリットがあります。これは個人事業主でも同じです。総量規制は事業性資金に適用されません。個人事業主が個人の名義で借りる場合であっても、年収には関係なく借りることができるというメリットがあります。そのために、大きな資金を必要とする人にとって事業者ローンは適しています。例えば、ビジネスパートナーから借りる場合には、最大で500万円の限度額まで借りることができますから、事業には最適でしょう。

 

 

無担保ローンを選ぶ際に、まずそれを利用できるかどうかをチェックすることが必要です。例えば消費者金融から借りる場合には、事業性資金として用いることができるかどうか確認しておかなければなりません。事業者ローンという名前になっていれば、事業性資金として用いることはできます。次に、限度額が十分かどうか確認しておきましょう。無担保なら便利なのですが、借りられる金額があまりにも小さいと役に立ちません。必要な資金を借りられるかどうか確認しておくことは必須です。これらの条件を満たした上で、金利が高すぎないかどうかをチェックすることが必要です。