事業者ローンのメリット

事業者ローンのメリットは何よりも銀行などが融資したがらないために資金確保が難しい中小事業者であっても利用ができることにあります。
銀行が融資をするとなると絶対に収益が出る会社だけ、今後何年間も会社が続いていく会社だけが対象になることが多いのですが、事業者ローンではそうしたくくりにこだわらず融資をしてくれるという点が大きなメリットになります。
また融資判断をするまでの早さもかなり優れていますし、特にビジネスパートナーが提供するスモールビジネスローンなどだと最短1日など極めてスピーディーな融資が実現されているというところも見逃せないメリットになるでしょう。

 

事業者ローンを利用することのデメリット

では事業者ローンを利用することのデメリットは何かというと、まずチェックしたいのが金利の高さについてです。
特に銀行が行う融資と比べるとやはり金利が高くなりがちで、高額借り入れや長期返済を想定した借入にはあまり向いていないと言わざるを得ません。
加えて決算時の赤字があるなどの会社ですと今後の収益性に関して疑問が出てくることが多く、また貸付後に倒産などをされてしまうリスクがあるため融資判断が厳しくなりがちというデメリットもあります。
ただ金利については仕方ないとはいえ、決算時の赤字については銀行融資でも同じことが言えますから事業者ローン固有のデメリットというわけではありません。

 

ポイントは必要最小限の額をピンポイントで借り入れる

それではこうした特徴を持つ事業者ローンを活用するにはどうすればよいかというと、重要なのは「必要最小限の額をピンポイントで借り入れる」という使い方です。
融資が素早く行われる上に中小事業者でも借りられる、しかし金利は高いという特徴があるのであれば「中小事業者にとって不足しがちなまとまった支払いを一時的に借り入れたお金で支払い、乗り切った後で改めて返済する」という形、要するに支払いを後払いにするような感覚で利用するのがベストです。
特にスモールビジネスローンの場合は使途が自由とされている長所がありますからさまざまな支払いに活用することができます。
どのようなものでも上手く使ってこそ意味があるのですから、事業者ローンも無策に使うのではなくしっかり考えて活用しましょう。