個人事業主向けビジネスローンと個人ローンの違い

個人ローンと言えば、テレビコマーシャルでもおなじみのカードローンが思い浮かびます。

 

例えば「給料日までちょっとお金が足りない」というときに手軽に申し込み、ATMなどから借りることができます。生活費として借り入れすることもできますし、基本的には自由です。

 

しかし、同じ個人でも、個人事業主が事業性資金に利用するための個人向けビジネスローンも存在します。

 

金利や限度額といった基本的な部分は一般の個人向けローンと大きな違いはありませんが、最大の違いは、貸金業者であっても総量規制の対象にならないということです。つまり、年収の3分の1以上の借入れができるということです。

 

個人事業主というのは、属性的には一般のサラリーマンよりも信用度が低い個人事業主です。

 

消費者金融のカードローンであれば、限度額50万円未満の契約、他社と合わせて100万円未満なら本人確認書類だけで済みますが、ビジネスローンの場合、収入を証明するために確定申告書などが必要になる場合がほとんどです。

 

書類の確認などのため一般のカードローンのよりも審査時間がかかると思ったほうが良いですし、収入の額によっても審査の可否に影響します。

 

しかし、一般のカードローンでも個人事業主に限っては本人確認書類だけで済まないケースもありますので、特別ビジネスローンの方が審査が厳しいということはいえません。

 

 

 

例えば、一般向けのカードローンでも銀行系カードローンであれば、「事業性資金は利用不可」としている場合が多いです。

 

もし、すでに銀行系カードローンを持っているということであれば、それを個人的な生活費の利用とし、新たに別のビジネスローンに申し込めば、トータルの限度額をアップさせることができます。

 

貸金業者でもビジネクストのような事業性資金に特化した業者も存在します。個人ローンは使途に合わせていろいろな会社を使い分けるというのも賢い利用法です。

 

特にビジネスローンと銀行系カードローンなら総量規制は全く関係ないものになるので、一般的な消費者金融のカードローンよりも高額な限度額が期待できます。