小額を借りるならビジネスローン

法人にとって常に悩ましいのが資金繰りですが、その資金繰りがある程度少額のものであるのであればビジネスローンを使って解決するのが最もスマートな解決策です。
もちろん銀行から常に必要なだけのお金を即座に融資してもらえるという環境であるのであればそちらの方がよいでしょうが、銀行融資は通常ですと時間がかかるものです。
従業員への給与の支払いや顧客への支払いなど時間を待ってもらうことができない支払いは多くありますから、そうしたときに備えてビジネスローンを事前に契約しておくのは非常に賢い方法です。
通常のカードローンが使えないまだ若い法人であってもビジネスローンは契約できることがありますから、この選択肢は忘れないようにしておきましょう。

 

チェックされる3つのポイントとは?

ではビジネスローンの審査基準としてはどういったものがあるのかというと、基本的には事業の安定性と業績、現状の負債状況の三つのポイントがチェックされます。
基本的にいずれも優れているに越したことはありませんが、事業の安定性や業績ということでは主に2~3年以上継続した事業実績があるかどうかが重要です。
負債状況に関しては直近の決算で債務超過になっていないかどうかが主なチェックポイントになりますので、これらが問題ないのであれば契約できる可能性は十分あります。
ただ個人とは違って審査の際に事業計画や収支計画などの書類提出が求められることが多いですから、これらの書類は事前に準備しておくようにしてください。

 

ビジネスローン利用の最大のメリットは、スピードにあり!

それではビジネスローン利用のメリットは何かというと、これはやはりスピーディーに融資を受けられるというところに尽きます。
申し込みから一週間以内、早いところですと申し込んだその日のうちに回答が出てくることもありますから、突然お金が必要になったという緊急事態にも対応することが可能です。
また銀行のビジネスローンを利用する場合、ビジネスローンの返済実績を作っておくことで今後本格的な融資を受ける際にビジネスパートナーとして見てもらえるということもメリットになってくるでしょう。
会社と会社の関係は信用第一ですから、実績を早くから蓄積する上でもビジネスローンは良い方法なのです。