総量規制の対象外って?

ビジネスローンと一般のカードローンの違いは、総量規制の対象外かどうかという点にあります。個人事業主は家賃や光熱費などの経費を申告しているため、同じ所得があったとしても会社員よりも収入が低いと判断されてしまうことがあります。収入が低いと一般のカードローンでは年収の3分の1までしか借りられませんので、まとまった資金を融資してもらうことが難しくなるのです。ビジネスローンはそういった個人事業主や経営者をサポートするための専用のローンです。ビジネスローンの契約をすることは困ったときに助けてくれる良きビジネスパートナーを得ることになるのです。

 

事業主専用のローン

なぜ個人事業主でも借りやすいのでしょうか。それはビジネスローンは会社員は申し込みができない、事業主専用のローンとなっているためです。差別化された商品だからこそ、特定の条件にさえ当てはまっていれば契約しやすいのです。個人事業主の場合は確定申告書や身分証明書、事業を証明できる書類などが必要になります。場合によっては事業計画書も必要になりますが、銀行のローンと比較しても難しい内容ではないため、手続きもスムーズに進行します。また、すでに完了した仕事があって入金を待っているような状態であれば、ファクタリングを検討するのも良いでしょう。ビジネスローンを提供している会社では、さまざまな資金繰りの相談にも乗ってくれます。

 

ビジネスローンを提供している金融機関はたくさんあります。総量規制の対象外のため、比較的まとまった金額での借り入れとなります。そのためわずかな金利の差が、最終的に支払う金額に大きな影響を与えることがあります。できるだけ金利の低いローンを選ぶと良いでしょう。ただし最初は金利が高くても、継続して利用することで信用が高まり、信用力がつけば金利の引き下げや限度額増額交渉ができます。積極的に相談に乗ってくれる金融機関かどうか、融資に積極的かどうかが見極めるポイントです。基本的にローンの契約先は絞ったほうが良いです。なぜなら複数から借り入れをしていると多重債務と見なされてしまうことがあるためです。