資金調達に便利な事業者ローン

個人事業主や小規模の会社経営者にとって、資金調達はとても重要な課題の一つです。会社員と違って仕事を完了しても、収入として入ってくるのが数ヶ月先になることもあり、資金がないと次の仕事ができないこともあるためです。そのため数ヶ月仕事がなくても経営を続けられる体力がないといけません。黒字の大きい会社であれば銀行からも融資をしてもらえるかもしれません。しかし規模が小さいとどうしても銀行の審査を通ることが難しくなります。そこで資金調達先の候補として上がってくるのが、事業者ローンです。事業者ローンは個人事業主や法人経営者が契約することができる、専用のローンです。

 

通常のカードローンと比較しても審査に通りやすい

事業者ローンは個人事業主や経営者との契約に特化しているため、通常のカードローンと比較しても審査に通りやすくなっています。しかも事業者ローンは総量規制の対象外です。総量規制では年収の3分の1以上の借り入れをすることができません。事業をしている人は経費として家賃などの費用を計上できるため、収入に対して年収が低くなる傾向があります。事業サポート向けのローンですので年収も審査で重要な項目ではありますが、経営状態の良し悪しをしっかりと判断してくれるのも、審査が通りやすい理由の一つです。通常のカードローンではどうしても年収ばかりに重点をおかれてしまうのです。

 

安定した経営を行う上でも有益である

ビジネクストという事業者ローンの場合、最大で1000万円までの資金調達をすることができます。最大限に活用するためにはなるべく取引をする金融機関は1社に絞ったほうが良いでしょう。複数の借入先がある場合はまとめることも検討して申込をすると良いでしょう。借入先をまとめると、支払日がわかりやすくなり、金利が引き下がることもあります。事業者ローンで調達した資金は、事業性資金以外にも利用することができます。すぐに利用する目的がなかったとしても、資金面の後ろ盾として事業者ローンの契約をしておくことは、安定した経営を行う上でも有益であると言えます。